読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋トレと読書をこよなく愛する男のブログ

こんにちは。こんばんは。筋トレと読書をこよなく愛する男、名はプロティンです。主に筋トレの方法と本を読んで知識提供をしてます。

ウィルパワーを鍛えて誘惑に打ち勝とう!

f:id:dreamrich:20170505105144j:plain

意志力(ウィルパワー)というものを聞いたことがありますか?意志力は筋肉のようなもので、日常で誰しもが使っている力のことです。今回は意志力とは何か、意志力の影響、鍛え方、回復の仕方を記事にしてみました。

 

意志力とは

意志力とは筋肉に似たもので使うと疲労します。ロイ・バウマイスターの研究で数人の大学生はすでに空腹を感じて状態で部屋に入りました。部屋の中には焼きたてのクッキーの香りが広がり、ボウルに入ったそのクッキーとチョコレート、ラディッシュ(甘口大根)がテーブルに置かれていました。一部の学生はクッキー、チョコレートを食べてもいいと言われ、不運な学生はラディッシュしか食べることができません。その後、学生は別の部屋でパズルを解くように言われましたが、パズルは解けないようにできていました。この実験の目的はこのパズルをどれくらいの時間で諦めるかというものでした。クッキーとチョコレートを食べた学生グループはおよそ20分間パズルを続けました。しかし、ラディッシュしか食べれなかった学生グループはたったの8分で解くのをやめてしまいました。この実験からラディッシュグループはクッキーやチョコレートの誘惑に逆らったがそのせいでパズルに取り組むエネルギーが減ってしまったことが分かりました。

感情的な反応をコントロールしようとする努力が、意志力を消耗させてしまうということです。意志力が減ると様々な誘惑に対して弱くなります。意志力は消耗すると(自我消耗と言います)そうでない人に比べ、悲しい映画を見るとより悲しく感じ、楽しい絵をみるとより楽しく感じ、冷たい水をより冷たいと感じるようです。

意志力とはつまり、色々な物事に対する注意力や感情や欲望をコントロールする力のことなのです。

何かの誘惑に逆らおうとするとその欲望をいっそう激しく感じることがあります。そういうときに意志力は弱まっているのです。意志力の特徴として、①意志力には限りがあり、それは使うことで消耗する、②すべての種類の行動に用いられている意志力の出どころは1つであることの2点があります。意志力をうまく使うためには「モノタスク」で行動することです。つまり、1つの目標に絞って集中することが大切ということです。

 

意志力の鍛え方

では意志力を鍛えるにはどうすればよいのでしょうか?

まず、1つ目は背筋を伸ばすエクササイズをすること。実験でも「2週間姿勢を正すように言われたグループ」と「2週間食べたものを記録したグループ」と「2週間前向きな気分やプラスの感情を保つように言われたグループ」では、「2週間姿勢を正すように言われたグループ」が自己コントロールのテスト成績が最も良かったのです。

2つ目は習慣的な行動を変えるように意識することです。例えば、普段右手を使っている人はパソコンのマウスを意識して左手で使ってみる。ドアを左手で開けてみる。歯を左手で磨く。といったことです。

3つ目は話し方を変えることです。話し方は深く身についていて中々変えることは難しいです。例えば、「みたいな」や「~ていうか」といった言葉を繰り返すのはやめてみましょう。他にも「いやー」「いえー」ではなく、「はい」としっかり言ってみるとか、自分の普段の口癖を抑えてみるのもいいと思います。

 

意志力を回復するには

消耗した意志力を回復するにはどうしたらいいのでしょうか。結論化から言うと、グルコース(糖分)をとって、血糖値をあげることで回復します。考えるという行為にも血中のグルコースがたくさん必要になるため、病気のときは頭がよく働かないのはそのせいです。脳の細胞が信号を送るのに必要な神経伝達物質グルコースからつくられます。それがなくなると人は考えることができなくなります。

低血糖の人のほうが、考えるのが苦手で、感情を制御するのも下手だということも分かっています。

レモネードを飲ませた実験で砂糖入り(グルコースあり)とダイエットシュガー入り(グルコースなし)のものを別々に飲ませた結果、ダイエットシュガーを飲んだほうは、コンピューターゲームでいらいらして大声で声をあげたり、コンピューターを叩いたりしていました。しかし、砂糖入りを飲んだ方は小声でぶつぶつ言っているだけでした。

このことからもグルコースは意志力に大きく影響していることがわかりました。

また、私たちは甘いものが欲しくなるときがあります。そういうときは意志力が減っているサインでもあるのです。

 

まとめ

ここで本記事には書いていませんが、ロイ・バウマイスター著「意志力の科学」より引用して意志力についてまとめます。

    • 意志力は筋肉のように疲労し、また鍛えることができる。
    • 意志力はそのエネルギー量に限りがある。
    • 意志力が弱まると、刺激や欲望を感じやすくなる。
    • 大切なのは意志力をいかに使わないか、である。
    • 計画は立てるだけで効果がある。
    • 絶対やめるではなく、あとでやると思うとやめられる。
    • 1つうまくいけばあらゆる面におよぶ。
    • 良い習慣をつける、こつこつ続けること。