筋トレと読書をこよなく愛する男のブログ

こんにちは。こんばんは。筋トレと読書をこよなく愛する男、名はプロティンです。主に筋トレの方法と本を読んで知識提供をしてます。

説得の技法をナンパに活かせるか考察してみる。

f:id:dreamrich:20170419225039j:plain

前回の記事で説得の技法、SPICEの法則について書きました。

 

dreamrich.hatenablog.com

 

今回はこれをナンパで活かせるのではないかと思い、考察してみます。

ちなみに私はナンパはしません(笑)

興味ある方はどうぞ。

 

参考文献はこちら↓

 

瞬間説得 その気にさせる究極の方法

瞬間説得 その気にさせる究極の方法

 

 

究極の男磨き道 ナンパ

究極の男磨き道 ナンパ

 

 

 SPICEの法則

おさらいします。

SPICEは単純性(Simplicity)、私的利益感(Perceived self-interest)、意外性(Incongruity)、自信(Confidence)、共感(Empathy)の5つがあります。

 

まずは意外性を発揮。笑いと注意をそらします。その間にシンプル(単純性)に相手に伝わるように、相手の利益も提示します。自信を見せながら、また、相手に共感も与えます。

 

ナンパに活かす

では、ナンパに活かすために説得の技法の5つをそれぞれ詳細に考察していきます。(真面目です)。

 

順番からいくと、意外性からです。

意外性、つまり笑いと注意をそらすことです。確かに「究極の男磨き道ナンパ」でも、まず女性とどういうポジション(立場)に入ったかが重要だと述べられていて、その上で笑わせて相手の警戒心を解くというのが、肝になるということが分かります。

相手を笑わせて、ナンパをしているという雰囲気を友達と話しているかのように注意をそらす、と考えてみます。

この注意をそらすの意味が難しく感じられますが、続けます。

相手を笑わせるには恐らく最初の1言、2言が重要であると思われます。

「すいません〜、これから何をするんですか?」「お家に帰ります」「お家あるんですか?(笑)」「どういうことですか〜(笑)」

といったところでしょうか(笑)

こちらも多少誘い笑いをすれば、相手も釣られるのではないでしょうか?誰かを説得したいなら、相手の気分を良くすることも重要です。

また、最初の1言としても、「こんばんは」「今暇ですか?」より、「すいません〜」とまるで道を聞くかのように入り込むのが反応率は高まるかと思われます。しかも、スマホを操作しながら。すると、相手は道を聞くのかな?と思うでしょうから、こちらの話を聞いてくれる確率は高まるわけです。

 

ここまでをまとめると、

まず、スマホを操作しながら「すいません〜」と低姿勢で声をかける。また、この時心理的に人は右耳からの情報を肯定的に受け取りますので、女性の右耳側から声を掛けます。そして、相手がこちらを振り向き反応を示したら、すかさず「これから何するんですか〜?」と言い、その後の返答次第でこちらから笑いを引き出す。笑いを十分に引き出したら、まるで友達のようなラポールの完成。

 

ここまでが意外性の発揮というとこでしょうか。あくまで私の考察ですが(笑)

予想外の事態、つまりナンパも歩いている女性にとってはほとんど予想外です。この予想外の事態というのは、私達の脳を自動的に暗示にかかりやすい状態にします。つまり、この間は情報を意識的に処理することなくとりこんでしまいます。この時に単純性を発揮してみると、すんなりと女性の脳内に入り込めるのではないでしょうか。

 

では、単純性に参ります。

 意外性を発揮している間、相手には情報がすんなり入っていきます。ここで、シンプルな言葉を掛けていきます。

純粋に「可愛いですね♪」もいいと思うのですが、女性を褒めるときは人に言われたことないようなところを褒めると相手の印象に残りやすいことがわかっています。

つまり、「耳の形が綺麗ですね♪」とか、「小指がすごく綺麗ですね♪」という風に絶対言われたことないようなことを言うのが効果的だと思われます。

あとは、応用して色々考えてみるのがいいでしょう。

 

単純性の後は、私的利益感です。つまり、相手の為になるということを提示しなければなりません。ナンパで女性のためになること?

考えてみると、これは「楽しい時間を提供する」ということでいいのではないでしょうか?お笑い芸人になったように、相手をとにかく笑顔にすること。 誰でも面白いことは好きなはずです。つまり、トークで相手に「この人は楽しい人だな」と思わせることが私的利益感を満足させるのではないかと考えました。言葉で「あなたの為になります!」と伝えるのではなく、そう相手に感じさせるというイメージです。

 

そして、「自信」と「共感」の2つが残っていますが、自信はそのままの意味で自信をもって女の子と話すこと、これは女の子にバンバン声をかけることにより、「ナンパーズハイ」という声をかけるのが楽になる心理状態になることで、自信も生まれてくるのではないでしょうか。

共感はもちろん女の子の話に共感してあげること、バックトラッキングで女の子の話をよく聞いて、質問しながら共通点探しで「共感」を高めていきます。

 

もう5つ揃いましたね。

 

まとめ

ここまでをまとめてみます。

まず、男が女性の右側から、まるで道を聞くかのごとく「すいません〜」から入る。

女性が振り向くと、「これから何するんですか〜?」

女性「家に帰ります〜」男性「帰るところあるんですか〜?w」女性の反応に対して、少し誘い笑いぎみで、意外性(笑いと注意をそらす)を発揮。

その後のトークで友達のように話せたら、「私的利益感」を与える。つまり、楽しい時間の提供。

と共に、共感した話題、自信に満ちた態度を示す。

 

ここまでくれば仲良くなったも当然です。

最後にドアインザフェイステクニックとダブルバインドの融合で連絡先を聞き出します。

 

男「もう友達だから、電話番号教えてよ〜」

 女「電話番号はきついかも〜」

男「じゃあ、ラインかカカオだったらどっちがいい??」

 

 

ただし、100%成功する保証はありません(笑)

自己責任でナンパをしましょう(笑)

以上、説得の技法でナンパを考察してみました。