筋トレと読書をこよなく愛する男のブログ

こんにちは。こんばんは。筋トレと読書をこよなく愛する男、名はプロティンです。主に筋トレの方法と本を読んで知識提供をしてます。

恋愛で使えるメンタリズムを異性に使ってみた感想。

 皆さんは恋愛においてある程度こちらの有利なように進めたい、異性とデートの誘いを取り付けたい、異性を落としたいと思ったことはありますか?

私はもちろんあります(笑)

今回はメンタリズムを私が実際に異性(女性)に対して使ってみた感想です。かなり使えるものもありました。恋愛のメンタリズムは、男性も女性も異性に対して使えるので、是非使ってみてください。

「知っている」のと「実践してみる」のでは大きく違います。実践して異性との関係を有利に進めましょう!

 ただし、100%成功する保証はありません。

 

実際に使ってみて効果があったメンタリズム

ダブルバインド

ダブルバインドとは?

まず1番効果があったものは、ダブルバインドです。単純にバインドとも言います。

ダブルバインドとは、AかBならどちらがいい?と聞く方法です。

普通、異性をデートに誘うときは「パスタ食べに行かない?」という風に聞きます。

この場合だと、相手の答えは「YESかNO」になります。つまり、相手に行くか行かないかのどちらかを聞くことになります。

ダブルバインドだと、例えば「パスタかカフェだったら、どっちがいい?」と選択肢が

「パスタorカフェ」になります。つまり、選択肢から「NO」を無くすということです。これで相手はどちらかを選ばざるを得ませんので、デートに誘えるということです。

 

※注意点 

相手がダブルバインドを知っている、もしくは「どっちも無理~」「何でどっちかなの?」と言われた場合はダブルバインドは無効になります。

 

使ってみた感想

私は結構これを多用しています。女の子とデートしたいときにLINEで「ご飯行きたいんだけど、パンケーキかパスタならどっちがいい?」とか、「週末か金曜の夜ならどっちが空いてる?」という風に応用しています。マッチングアプリとかもしているのですが、女の子とLINEもしくはカカオトークを交換するときに「よかったらLINEかカカオトークで話したいんですが、どっちがいいですか?」と聞いています。これで9割くらい交換することに成功しています。

非常に使えるメンタリズムテクニックなので、今すぐ使ってみてください。

 

 バックトラッキング

バックトラッキングとは?

バックトラッキングは、相手の言ったことをオウム返しにして話す方法です。相手が「野球観戦が好きなんだ~」と言ったら、こちらも「野球観戦が好きなんだね!」という風に返します。これの何が効果的かというと、相手の話したことをそのまま返すと相手は「自分の話をちゃんと聞いてくれているんだ」と思います。自分が相手からされたときがあると思います。あ、この人ちゃんと話聞いてくれてるな~と思ったことがあると思います。つまり、相手に「ちゃんと話を聞いていますよ」と伝えられ、親密になりやすくなります(親密空間=ラポール)。

 

バックトラッキングを応用して、そのまま返したあとに質問をつけると更に話が弾みます。「野球観戦が好きなんだね!どの選手が好きなの?」

相手は自分の好きなことを聞かれているので更に調子付けを行うことができ、相手も楽しくなってきます。そうなったら、親密が増していい雰囲気になります。

 

※注意点

バックトラッキングの注意点は「使いすぎないこと」です。つまり、自分が聞き役に徹してしまい、自分のことを何も話せないということが起こります。自己開示の法則というものがあり、自分のことを話すと相手に好感をもってもらえ、相手もそのことについて話しやすくなるというものです。バックトラッキング+質問+適度に自分のことも話す、を心掛けるといいでしょう。

 

使ってみた感想

 バックトラッキングは異性と話すときに何を話していいかわからないというときや、相手と仲良くなりたいときなど主にトークの場面で使われます。1対1が最も理想的です。

私は異性のみならず、話す人ほとんどに使っています。相手のことを知らなくてもバックトラッキング+質問で話が盛り上がるし、相手のことを聞き出せるからです。

私はバックトラッキング+質問+自分のことを話すという順番で使っていますが、話が途切れにくく、相手も楽しそうに話してくれます。

これも絶対使ってみてください!

 

ドア・イン・ザ・フェイステクニック

ドア・イン・ザ・フェイステクニックとは?

ドア・イン・ザ・フェイステクニックはわざと無理めな要求をして断らせておいてから、それより程度の低いお願いをする方法です。例えば、そこまで仲良くない異性に「ディズニーランド行こうよ」と言うと、まず引かれて断られます。それはフェイクでその後に「今週末ご飯食べに行こうよ」と言うと相手は1度断った罪悪感がありますから、要求を通してくれる確率が上がります。

 

※注意点

2度目も断られることもあります。その場合はダブルバインドと一緒に使ってみてください。

 

使ってみた感想

ダブルバインドと一緒に使うことが多いのですが、「今日ご飯行こう~」「え!今日は無理かな~」「じゃあ、今週の土曜か日曜ならどっちがいい?」という感じです。

効果抜群でした(笑)

ただ、ほんとに相手が行けない場合もあると思いますので、相手のことを1番に思ってすんなり引き下がる方がいいです。そんなときは、シュガーランプという甘い言葉を浴びせます。「忙しそうな〇〇ちゃんも素敵だよ」「忙しそうな〇〇君もかっこいいよ」

 これはかなり恥ずかしいですが、1回使ってみたら「ありがとう(笑)」みたいな微妙な反応をされました(笑)。でも、シュガーランプは使ってみてもいいと思いますよ。あんまり言わない言葉なので。

 

その他に使えるメンタリズム

ミラーリング

ミラーリングは相手の動きを真似るという方法です。例えば、食事中に相手が水を飲んだら自分も水を飲みます。ミラーリングをさりげなくすると相手と気づかないうちに親密空間をつくれます。ただし、真似をしているとばれないようにすることが重要です。

 

 参考文献↓

 

メンタリズム 恋愛の絶対法則

メンタリズム 恋愛の絶対法則